?

チェック体制の費用削減にもつながる印刷検査装置を導入しましょう

工場と印刷機器

印刷検査装置なら人間ではできない24時間稼働も実現できる

紙の束

印刷事業を行う企業担当者の方、印刷ラインでは24時間の印刷ができるものの、品質チェックは24時間できないということに問題を抱えていませんか?印刷ラインの場合、24時間稼働を行う際には3人のスタッフがいれば交代で行うことができます。しかし、品質チェックは人員を要し、複数名で24時間のチェック体制は確保ができません。そこで、印刷検査装置の導入をおすすめします。
印刷検査装置なら24時間体制での検査体制が確保できます。夜間の稼働中に複数名を配置する必要がなく、印刷検査装置の監視は印刷ラインのオペレーター一人で済みます。24時間体制での対応を維持するため、厳しい労働環境を正社員、パートやアルバイトに強いることがなくなり、企業のブラック化を防止できます。また、印刷検査装置は印刷ラインに設置することができ、これまで複数名で行っていた品質チェックを連続的に行うことができます。品質チェックは日中の人員が多い時間帯に集中して行う必要がなくなります。さらに限られた人的資源を印刷の検査という業務に専念させることがなくなり、適正な人員配置を行いつつ、印刷品質の向上も実現することができます。まずは、24時間稼働できる印刷ラインの構築に印刷検査装置の導入を検討しましょう。