?

チェック体制の費用削減にもつながる印刷検査装置を導入しましょう

工場と印刷機器

印刷検査装置により曖昧な検査が適切に行えて品質が向上する

印刷機器

大量印刷を委託される企業担当者の方、納品前の品質チェックに大きな負担を感じていませんか?印刷品質は人の目で行うほど、判断が難しくなるだけでなく、標準品質に対する尤度判定も難しいものです。そこで、しっかりと基準化された判断を行い、品質に対する尤度の判定も行うのことを印刷検査装置の導入により自動化してみませんか?
印刷検査装置を導入することで、検査員が判定に悩まされることがなくなります。標準的な基準を判定する限度見本を準備しても感覚は個人差があるものの、印刷検査装置なら数値化して機械的な判断を行うことができます。そのため、人に頼ることがないだけでなく、品質不具合が発生して流出した際には検査スタッフが責められることもありません。また、印刷検査装置は人間が検査を行うよりも効率かつスピーディに対応することができます。これまで目視で確認していたものが機械判定され、検査員は機械判定の結果を確認するだけになり、検査業務自体が楽になります。さらに印刷検査装置なら短時間で人間以上のチェックができるため、検査ノルマが達成できずに、納品までに残業や休日出勤対応でチェックするというようなこともなくなります。印刷検査装置の導入により検査員の負荷軽減だけでなく、労務費の削減を継続して行ってみましょう。