?

チェック体制の費用削減にもつながる印刷検査装置を導入しましょう

工場と印刷機器

印刷検査装置は細かい文字やイラストの品質検査にも効果的

雑誌

今や印刷業界は、法人企業からの印刷委託だけでなく、同人作家からの印刷委託も利益を確保できるものとなっています。しかし、これまでは文字の印刷検査やパッケージの印刷検査しか行っていなかったのに対して、同人作品ともなるとイラストも多く、線の太い細い色の濃淡などのチェックも重要になります。そんな品質チェックに悩まされている企業担当者の方、印刷検査装置の導入を検討してみてはいかがでしょうか?
印刷検査装置は文字だけでなく、イラストの線の太さ、カラーの濃淡まで的確に判断することができます。例えば、デジタルデータで入稿される印刷業者なら、色見本の実物に合う色の濃淡を印刷検査装置は判断してくれます。どうように線の太さも数値化されたデジタルデータの情報を基準とするため、曖昧さもありません。そのため、依頼者のイメージに近いものを納品できるようになります。また、印刷業者にとっても低コストで利益を得るためのメリットも与えてくれます。夜間の無人稼働でも印刷検査装置が判定を行えるため、薄利多売の個人向けの印刷事業でも利益を確保できるようになります。また、紙媒体からプラスチック製品と幅広く印刷検査装置は対応でき、ノベルティのアクリルキーホルダーなどの品質チェックにも活用できます。

大変なチェック作業が楽になる印刷検査装置とは

昔と比較して最近の印刷会社は、機械化が大変進んでいます。印刷の過程の大半は印刷機が行ってくれ、インクの調整やチェックの作業などは人が行っています。省力化が進んでいる業界ではありますが、刷り上がった印刷物のチェックの過程は大変な作業と言えるでしょう。チェックする内容は、印刷過程で発生した汚れの確認や色のムラの確認です。また文字や図柄に欠けやズレが無いかどうかも確認します。
これらのチェックは非常に神経を使う作業となり、大変時間が掛かります。納期に間に合わせるためには、チェック作業に対応できる人員確保も必要でしょう。時間も人も必要な大変な作業ですが、新しく登場している印刷検査装置を導入すれば、それらの作業を素早く行ってくれます。印刷検査装置とは印刷不良を自動で検出してくれる機器で、印刷ラインに搭載できます。装置が素早く的確に印刷不良をチェックしてくれるため、時間短縮とミスの削減に貢献してくれます。
印刷会社の企業担当者様は、ぜひこの印刷検査装置の導入を検討してみましょう。人員に掛かっていた賃金削減に加えて、作業効率アップという二つのメリットが得られます。さらにチェック作業で発生していた、見落としのミスなども防止できます。

印刷物の品質を高めて顧客満足を得るために印刷検査装置を導入しよう

パンフレットやチラシなどを見ていると、たまに文字の欠けやズレなどの印刷ミスを発見することがあります。印刷会社では刷り上がったものを必ずチェックしていますが、細かい部分で見落としミスが発生することがあるからです。特に商品写真がたくさん入ったチラシなどの場合は、そのチェックは大変になります。またページ数の多い冊子なども、大変でしょう。
そのような印刷物を手に取ったものにとっては、さほど気にならない印刷不良も、印刷を依頼した人にとっては大問題です。印刷会社の方も死活問題であるため、印刷物の品質を高める努力を日々されています。しかし人が行う作業には時間が必要になり、急いで行えばミスが発生しやすくなります。そんなジレンマを解決して顧客満足を得ることができる画期的な方法と言えば、印刷検査装置です。
人がチェックしていた作業を、この印刷検査装置が行ってくれます。細かい印刷不良も検出できるため見落としのミスがなくなり、印刷物の品質アップを実現できます。これにより依頼主の顧客満足もしっかり勝ち取れます。印刷機を使っている会社の企業担当者の方は、お客様に信頼していただくためにも、印刷検査装置の導入を検討していきましょう。

もし印刷検査装置の導入を考えているがどの会社を利用すればいいか迷っているならお勧めなのが【ウエブテック株式会社】です。多くの実績をもっているので信頼度も高く安心して依頼することができます。気になったらまずはメールで問い合わせてみましょう。